都心の森、明治神宮の神宮御苑にあるパワースポット「清正井」。

戦国武将 加藤清正の下屋敷があったという場所で、清正が掘ったと伝えられていることから「清正井」と呼ばれます。

掘り方の巧妙と水質の優秀さは古くから世に知られている井戸で、南池の水源となっており、一年中絶ゆることなく清水が湧き出ています。

加藤清正は築城と治水に才能を発揮した武将で、この井戸は風水でいう「龍脈の気」が流れていて、地中から「気」が出てくるスポットだということです。

この井戸の画像をスマホの待ち受け画面に設定しておくと、龍脈の気の恩恵を受けることが出来るというウワサです。

そういったわけで、近年では観光地としても人気のスポットとなっています。

   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA