東京都中野区にある「中野城山居館跡」。城跡…とは言え、建物は疎か空堀すら見当たらない…。城主は小代官であった堀江氏。

徳川幕府の時代に越前から中野村に来てこの地を開発。小代官として統治し、商業など村の発展に寄与したそう。

現在谷戸運動公園になっている場所にあった中野城を居城としており、江戸時代も古豪としてならし、尾張家の諸役も勤めていたとのこと。「城」というより「館」といった方が良いかも知れない。

現在は「中野区立谷戸運動公園」という名の運動公園になっていて、堀や土塁すら残っていない。本当に跡形もない(T_T)

ただ「城山」という地名のみが名残りだったが、その地名も今は中野区中野になり、いつの間にか地名さえも無くなった。

ご参考までに…

城とは無関係だが、城跡公園から約300m程度のところに、「ゴルゴ13」の作者である故・さいとうたかを氏の仕事場「さいとうプロダクション」がある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA